ボトックスで小顔になろう!気軽に受けれるから忙しい社会人でも安心

サイトメニュー

忙しい人も助かる

顔に触れる女性

ボトックスのダウンタイム

美容整形を受ける方にとって気になるのが、副作用の有無ですよね。切開が必要となる施術は皮膚がしっかり繋がるまでダウンタイムが必要となります。その際に腫れや痛みを伴うので、症状が落ち着くまで外出できない事も珍しくありません。このダウンタイムが長引けば、仕事や遊びの予定を思うように入れる事は出来ません。そのため、美容整形のダウンタイムが気になり施術に踏み切れない、なんて事も珍しくありません。しかし、ボトックス注射はダウンタイムを気にする必要はありません。施術時間は、早ければ10分以内に終える事が出来ます。入院する必要はありませんし、施術の当日からメイクをする事が可能です。縫合を行わないため抜糸をする必要がなく、再度クリニックを訪れるわずらわしさはありません。メスを使用する施術では腫れや痛みを伴う事もありますが、ボトックス注射は極細の注射器を使用するので、小さな内出血が起こる程度となります。ダウンタイムが少ないボトックス注射は、仕事や学校が忙しい人にとっておすすめしやすい美容整形です。

内出血が長引く場合も

手軽に小顔を手に入れたい方にとって、ボトックス注射は気軽に受ける事の出来る美容整形ですね。副作用の少なさも魅力の1つですが、場合によっては副作用が長引く可能性もあります。ボトックスは注射器で注入するので、患部にどうしても内出血が伴います。内出血は時間がたてば自然に消えていきますが、施術の前日や施術後にあついお風呂に入ったり、お酒を飲む、激しい運動を行うなどの行為を行うと内出血の症状が長引く場合があります。症状が長引かないためにも、カウンセリングで医師から伝えられる注意事項を守るようにしましょう。

Copyright© 2019 ボトックスで小顔になろう!気軽に受けれるから忙しい社会人でも安心 All Rights Reserved.